FullSizeRender (1)

一部の外国人の間で、日本人は
イルカ殺しの野蛮な民族という
イメージを持たれています。

日本以外にもイルカ漁を行っている国
や地域はありますが、その中でも特に
一番に叩かれるのは日本です。

イルカ漁に対する各国の反応を
調べてみました。
スポンサーリンク

初の日本滞在目的はまさかの○○参加

カナダ在住ヨーロッパ出身の
親しい友人に、
「日本人はイルカ殺しのことを
どう思っているの?」
と聞かれました。
彼は日本食も日本の文化も
すごく好きだけど、イルカ殺しの
イメージがずっとあるから、日本人に
対しては複雑な感情があった
と言っていました。

 

彼によると、一度だけ日本に行こうと
チケットまで購入したことが
あるそうです。

その初めて日本に行く目的が
「日本で外国人が行う、イルカ漁反対
のデモに参加するため」

だったそうです。

結局様々な事情によりデモは中止された
ので、購入したチケットをキャンセル。

それから日本に行ったことはない
とのことです。彼は決して反捕鯨団体
に参加しているわけではないし、
それに関連した仕事をしているという
わけでもありません。その分野に
関しては一般人です。その彼が見せて
くれたのがトップ画のTシャツ。

そのTシャツを着てデモに参加する
予定だったそうです。

 

動物愛護の視点から日本のイルカ漁を批判
The cove

イルカ漁に反対するアメリカ人
映画監督が、日本のイルカ漁の悲惨さ
を伝えるために極秘にイルカ漁の様子
を盗撮して作成したドキュメンタリー
映画です。

 

2010年、アカデミー賞
長編ドキュメンタリー映画賞を受賞
世界で話題となりました。

この作品を期に、日本のイルカ漁に
世界の注目が集まり、日本は厳しい
批判を浴びるようになりました。

スポンサーリンク

 

そもそもイルカ漁とは?

日本でイルカ漁が行われているのは
和歌山県太地町。漁の仕方は
追い込み漁と呼ばれ、複数の船と
網でイルカを浅瀬に追い込み、
捕獲します。

現在水揚げされたイルカは、食用
として地元の伝統料理に使われている
ようです。

あのクックぱどにもクジラ肉のレシピ
が5品。

キ8ャプチャ
地域によってはスーパーでも
イルカ肉が売っているようです。
以前は食用以外にも水族館に高額で
売られていたそうですが、2015年
5月、追い込み漁により捕獲された
イルカを日本の水族館が買い取ること
を禁止する法律が可決されました。

日本のイルカ追い込み漁に対する海外の反応

2016年1月27日の
The Huffington Post
「Tragic Taiji Dolphin Hunt so Far」
悲惨な太地イルカ漁のこれまで
(記事下部にリンク)

という記事によると
2015年9月1日から2016年
1月17日までで

・439頭のイルカが殺される(食用)

・102頭のイルカが捕獲された
のちに海に帰される

・91頭が捕獲される
(中国,ロシア,中東の水族館へ輸出)

イルカの肉には大量の水銀が
含まれていて、食用には適していない
はずなのでは?

各国からのイルカ漁中止の圧力により
日本政府は年間に捕獲することが
できるイルカの数に制限を設けた。

その制限数を満たすために、イルカを
捕獲してもそのイルカが
まだ子供だったり、身体が小さすぎた
りして食肉用として適していなかった
場合、捕獲したイルカを捕獲後海に
放し、さらに体が大きく、充分に成長
したイルカを捕獲しようと試みている

ただ、この追い込み漁で一度
捕獲されたイルカは、精神的に
かなりのストレスを追うため、たとえ
海に帰されたとしても、
そのストレスからその後の寿命が
かなり縮まってしまう。

賢くて家族を大切にするような心を
持っているこのかわいい動物を、
日本人はなぜ食べるのだろうか。

西洋諸国で唯一日本を擁護するマスコミも

The Coveが放映されてから、イルカを
食用としない各国から日本への批判が
絶えない中、Wiredというイタリア
の新聞社が日本を擁護したことが
話題になりました。

その内容は

・日本人はイルカをトサツする際に
イルカの痛みが最小限になる方法を
とっている。

・イルカの供養祭などを行い、
イルカに対する感謝の気持ちを持った
うえで食用としている。

・そんな心を持たずに牛や鶏をトサツ
して何の感謝もなく大量の肉を消費
している西洋諸国が日本を批判できるのか。
・そもそも、知能が高い動物は食べては
いけないという価値観は正しいのか。
ガチョウよりも知能が低いとされる犬は
大切にされて食用とされないのはなぜか。

 

・○○が悪い、良いというのはいつも米国が

決めている。

 

The Coveはでっち上げ?日本人監督がThe Coveにこたえる形で映画を製作

キuャプチャ

2016年1月、日本人監督
さんが、映画「The Cove」に反論する
形で「Behind the Cove」という
映画を発表。
この作品で八木景子監督は初監督ながら
カナダのトロント映画賞を受賞。
今後さらにイルカ漁はcontroversial
な話題になっていきそうです。

個人的な意見

個人的にこのような形で日本が
批判されるのはとても悲しいです。

私もイルカは好きですが、これまで
伝統的にイルカを食用として
食べてきた地域の人にとっては、
おそらく私が牛肉や豚肉を食べるのと
似たような感覚でずっと食べてきた
のであって、その価値観を無理やり
変えようとするのはおかしいとも
思います。

言論の自由が認められている以上、

「イルカが殺されるのはかわいそう
だからイルカ漁を辞めてほしい。」

と自分の意見を主張したり、
その主張のために映画を制作したり
デモに参加するのも自由です。

イルカ漁のように、どうしても
譲れない価値観があるのは仕方が
ないこと。それでもお互いの異なる
価値観を理解しようとする姿勢が
大切なのかなと思いました。

参照huffing post

The Tragic Taiji Dolphin Hunt So Far

 

スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。