カナダ留学やワーキングホリデー
ですっかりカナダの虜となりカナダ
に永住したい!と考えるように
なった人向けにカナダ永住権
取得の裏技をご紹介します。

スポンサーリンク

 

カナダで合法的に働くワークビザを取得し、さらにその後移民申請までできる方法;
IN-Home caregiver program
インホームケアギバープログラムに参加

 

このプログラムは、2年間カナダ
で合法的に働くことができる
就労ビザが発給されなおかつ
2年間の就労の後に永住権
申請ができるという外国人に
人気の特別移民プログラムです。

ケアギバーというのは介護士
やベビーシッターのことです。

このプログラムは2014年
11月に改正されるまでは
live-in care giver program
という名前で、住み込みでの
仕事が必須でしたが、2014
年11月の法改正により
住み込みでも住み込みで
なくてもこのプログラムに
適用されるようになりました。

私たち外国人からして
みると住み込みでなくても
よくなったという点に関して
は朗報です。

ちなみにこのプログラムは
年齢制限や特殊なスキル
は必要ありません。

ある一定の要件を満たした
外国人であればだれでも
応募することができます。

その要件というのが

2年以上ベビーシッターもしくは介護士として経験があること

経験がない場合は政府が
定めた6か月以上の
ケアギバー養成学校に通うこと

私は未経験だったので、
アルバータ州にあるケアギバー
養成学校に通いました。

これまで滞在してきた国で犯罪歴がないこと

過去6か月以上滞在した
すべての国が発行する
警察証明(無犯罪証明)
を提出しなくてはいけません。

政府が定める健康診断で健康であると判断されること

スポンサーリンク

といった感じです。つまり、
ベビーシッターもしくは介護士
としての2年以上の経験が
ある場合はすぐに雇用主を
見つけて就労ビザ申請が
でき、それがない場合でも
6か月以上政府が定める
学校に通い学位を修め、
雇用主を見つければ誰でも
就労ビザを取ることが
できるというものです。
私が通っていたケアギバーの
学校は7か月間で学費が
50万円前後と格安でした。

 

新しいケアギバープログラム雇用主の見つけ方

雇用主はインターネットの
ベビーシッターもしくは
介護士募集サイトで大半が
見つかります。まれに学校に
通っていると、学校の卒業生
が2年働き終えたので、
その人の代わりに卒業生
を雇いたいと学校に求人が
来ることもあります。

ケアギバー求人サイトに
自分の職歴やプロフィールを
アップし、気に入ってくれた
雇用主から連絡が来るのを待つか
逆に求人側の家族のプロフィール
を見て働いてみたいと思った
家族がいれば、その家族に
自分から連絡して面接を
申しこんだりします。

たいていの場合電話や
スカイプなどでお互いの
希望などを簡単に話した
後に直接会って面接。

気に入ってもらえれば
雇用成立となります。
ベビーシッターや介護士を
探している家族はたくさん
いるのですが、私たち外国人
の場合自分がカナダでの
就労ビザを持っていないので
雇用主となる家族に
ビザのスポンサーになって
もらわなくてはいけません。、

スポンサーになるための
いくつかのペーパーワークを
してもらわないといけない旨を
この面接で伝えなければ
なりません。たいていの
場合このスポンサーの件
を話すと雇ってもらえません。

だいたい80パーセント以上は
そんな見知らぬ外国人の
スポンサーになるなんて
嫌だと思い、断られます。

そんな中で雇用主を見つける
ためには、
どんなに断られてもあきらめず
スポンサーになってでもあなた
を雇いたいと言ってくれる
雇用主を見つけるまで
粘り強く面接を受け続けるしかありません。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。