一口に留学といっても留学先
でのライフスタイルはその国や
地域、住居タイプによって
様々です。

そこで留学時のライフスタイル
に合わせてダイエット法を紹介します。

スポンサーリンク

ホームステイ型

留学中の滞在スタイルとして
特に先進国で多いのが
ホームステイ。アメリカ、
カナダ、オーストラリア
イギリスなどの英語圏では
ホームステイは一般家庭に
かなり浸透しており、主に
留学初心者が留学の
初期段階でその国の文化に
触れ、その国の生の言語に
触れるためにこのホームステイ

という形を選ぶことが多いです。
また短期間で現地の人と
触れ合えるというメリットから
1週間、1か月などの短期の
留学の際にも重宝されます。

この場合の食生活は大抵
(英語圏の場合)朝はシリアル
昼はサンドイッチなどの軽食を
持たせてくれる。夜はだいたい
決まった時間に家族全員で
食卓を囲むという形です。

当然食事はその国の
家庭料理となりますが、残念
ながら英語圏の食事といえば
高カロリー、ビッグサイズに
炭酸またはあまーいジュース
しかも高カロリーなデザート
までついてくるといった感じです。

ダイエットには一番不向きな
食生活です。
留学で太ってしまう大きな
理由の一つがこれです。

まだ言語も十分に話せず、
コミュニケーションも
ままならないのにせっかく
作ってくれた食事を残したら
嫌な思いをさせるのでは。。。

そんな感じで必要以上に
気を遣って、おなかが一杯
なのに無理やり食べてしまう
日本人は多いです。

20歳で初めてカナダに留学
してホームステイした私は
まさにこれが原因で激太り
しました。

留学ホームステイ時のダイエット法

ホームステイの精神的ストレス
は実はかなりのものです。

なれない外国語での
コミュニケーション、赤の他人
同然の外国人ホストファミリー
との共同生活、言葉が
話せないというストレス。。。

そんなストレスが暴飲暴食の
引き金となることもあります。
実際私はそうでした。

ダイエットするには適度な
運動でそういったストレスを
解消する必要がありました。

そこで私がホームステイ中に
やっていた苦肉のダイエット策
が、早朝の踏み台昇降です。
スポンサーリンク

 

踏み台昇降のメリット

 

①かなり狭い面積の室内でできる

②消費カロリーが大きい

③インターネット動画を見ながらできる

④ほぼゼロ円で始められる

ダイエットに必要な適度な運動、
直接的にカロリーを消費する
ということの他に留学中の精神的
ストレスを軽減するという重要な
役割があります。
誰もがダイエットには適度な
運動がいいというのは

理解しているものの、
できません。かくいう私もそうでした。
適度な運動といえば外で

ウォーキングするなどが定番
ですが、まずこの
「外に出る」という行為の
ハードルが非常に高いのです。
外に出るには雨じゃないか
寒すぎないか天気を確認して

その天気に合わせて服を
選んで着替えて、場合に
よっては日焼け止めを塗って、
化粧して。とにかくめんどくさい
のです。また、留学先に
よっては寒すぎたり、
暑すぎたり、雨続きだったり、
散歩するモチベーション

がわかないようなつまらない
街並みだったり、治安が
悪かったり。。。
留学先で外に出るとなると
これらのかなり高い精神的な
ハードルを乗り越えないと
いけません。

この「外に出る」ということを
せずともできる適度な運動

こそ踏み台昇降です。
次回の記事
→留学ホームステイ時のダイエット法②
に続きます。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。