アメリカ留学中に10か月で

10キロ太った留学デブの私が

カナダ留学中にダイエットに

成功した経験談をもとに、

留学中でもできるダイエット法

として、アメリカで注目

されている食物繊維と

ダイエットの関係について紹介します。

スポンサーリンク

アメリカの研究では、より多くの
食物繊維を摂取する人々が

健康的な体重を持っている
傾向があるということが
証明されました。

食物繊維を意図的に多く
摂取する人々は、
米国心臓協会が
推奨する心臓の健康、
低脂肪食プランに従った
人々と同等の体重減少を
記録したようです。

食物繊維ってそもそも何?

これは、果物、野菜、全粒穀物
などの植物性食品に含まれる
炭水化物です。

ネブラスカ大学医療センター
栄養セラピストのトレイシー・
ジャクソン氏によると他の
炭水化物とは違って、簡単に
体内で消化されないので、

血糖値を上昇させることなく、
消化器官を通り抜けます。

すべての果物や野菜は
食物繊維を含みますが、
それは主に皮や種に
集中しています。例えば
皮をむいたバナナよりも

皮付きのリンゴの方が多くの
食物繊維を含みます。
最も多く食物繊維を含む
フルーツは、ラズベリーやイチゴ
などのベリー類だそうです。

健康的な体重を維持する
ために、50歳未満の女性
であれば、1日当たり25グラム、
男性は38グラムが食物繊維
目標摂取量となります。

実際はこの目標に対して、
アメリカ人はこの摂取量の
半分にも満たないのが現状のようです。

スポンサーリンク

食物繊維はどのようにダイエットに作用するの?

食物繊維は、魔法のような
脂肪燃焼特性を持っている
わけではありません。

食物繊維を摂取することにより
満腹感を得ることができ、
余分なカロリーを摂取することを
抑えてくれる働きがあります。

例えば、ポテトチップスの代わりに
皮付きのベークドポテトを食べた
場合、 時間後に再び空腹を
感じることは少ない可能性が
高いです。

ニューヨークのベス・イスラエル・
メディカルセンターの臨床栄養の
ディレクター、レベッカ・ブレイクは

「食物繊維は最も賢いカロリー
摂取予防法。」と主張しています。

食物繊維は食べるのをやめる
時間ですよ、と脳に伝える
受容体を刺激し、胃と脳の
両方に満腹感を与えてくれます。

また、消化器系を介して
食物繊維を移動させるために

一日に約8杯もの水を飲む
必要があります。

ステファニー管理栄養士は

「すべての水は脳と胃にさらに
満腹感を与え、余分なカロリー
摂取を更に抑制してくれます。
また、食物繊維は心臓病と
2型糖尿病のリスクまでも
下げる効果があります。」
と言っています。

私は食物繊維がダイエットの
強い味方だと知ってから
意識的に食物繊維を摂取
するようになりました。

ジュースよりも生のフルーツ

皮をむいて食べていた野菜
はよく洗って皮ごと食べる

など、食べるものは変わらず、
食べ方や調理の仕方を
工夫しただけで食べる量が
自然と減りました。

留学ダイエットの関連記事はこちらから

→留学先でできるダイエットを元留学デブが経験をもとに解説①

留学デブ体験者が進める海外でもできるダイエット法②

→留学で激太りした時のダイエットにおすすめの食材
スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。